ADMIN TITLE LIST


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 iTunes Store(Japan)
↓このブログに一票恵んどく
ブログランキング・にほんブログ村へ

**ちょっと、レビューは休憩中~**




まずねパッケージみてみて



67







茶色が、SONAR6です。

うーん、なんか前のバージョンの方が色使いがお洒落ですね。。
6を扱ったことがない自分としては、この子と長く遊んでみたかった…
そんな気もせんでもないです。

まずですね、SONAR5からグレードアップするにあたって
こいつらは俺のPCで動いてくれるのか!!?
これが一番の心配点です。

SONAR2⇒3⇒4⇒5と
比較的、動作が軽く、軽くと進化してきたSONARちゃんではありますが…今回は果たして!!?

実は、、、SONAR7を買う前に友人のPCでSONAR6を触ってきたのですよ。。
そいで、そこで俺の曲のデータを立ち上げてみて挙動を比較です。
仮想SONAR7.。

SONAR5とSONAR6を比較したところ…

ななななな~!!!!

激重!全く曲が走ってくれません…自分のデータは毎回一曲に50トラック以上使う上に、プラグインの数も結構多いのでSONAR5の頃から常にハードディスクとCPUがレッドゾーンだったのですが…[ソフトはデバイスの負荷が表示されます]
SONAR6では、曲が再生すらされません…

むむむ。。。まぁいいです。アホみたいにプラグインをリアルタイムで動かしている自分が悪いのでそこは諦め、全てバイパスにした後に走らせて見ると…
ふむふむ

DTMソフトウェアではよく、CUBASEはどんしゃり、SONARはもっさり、PROTOOLSは平均的という音質のたとえ方をされます。
要するに、CUBASEはローハイな感じでSONARは中域がしつこい感じのメリハリのない音質という風なことでしょう。
しかし、SONAR6になって劇的に音質が変わっているように見受けられます。

奥行きがあるというか、音像が立体的で非常に気持ちのいい鳴りをしてくれています。
これはSONAR7もかなり期待できます。


まぁ、音質に関してはよしとしてSONAR7の新機能に触れる前に
実はSONAR6でSONARシリーズは超劇的な進化を遂げていることに
この検証段階で気づかされます。。[おそ~~!!!!]

いや、実は…SONAR2からSONAR5まで、、、VSTに関する互換性のアップデートばかりが強調されていた感があり、その他の機能に関してはほとんど改変されていなかった[エディットに関して…内包シンセは別]というイメージがあり
どうせ、今回も焼き直しだろ!と高をくくっていた自分が恥ずかしい…。


って、、、ことでSONAR6にかなり複雑な更新が多々ある為

この辺からちょっと一緒に勉強していきたいと思います。。。

次へ続く
 iTunes Store(Japan)
↓このブログに一票恵んどく
ブログランキング・にほんブログ村へ



★この記事に関連した商品の紹介★















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 玄音的前衛GADGET [BMR Tabloid], All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。