ADMIN TITLE LIST


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 iTunes Store(Japan)
↓このブログに一票恵んどく
ブログランキング・にほんブログ村へ

Kenji Omae / Here For Now

http://cdbaby.com/cd/kenjiomae

� 2007 PoongRyu Music

myspace


kenji











--Vento Azulオリジナルレビュー---
PoongRyu Music
カナダ生まれの日系テナー奏者Kenji Omae の初リーダー作品。
トロントの大学を卒業後、NYへ移り,Kurt Rosenwinkle, Jimmy Heath big band, George Colligan, Ari Hoening, Freddie Bryantらのバンドで演奏、Blue Note, Smalls, the Jazz Standardに出演経験もある俊英。
デビュー作は、George Colligan,Mark Ferber等素晴しいメンバーのサポートのもと、現代テナー界に新風を巻き起こす快作となりました。
腰の据わった重心の低い伝統的な歌いまわしと現代ブルックリン派のテナー奏者のような浮遊感溢れるスタイリッシュなプレイをうまくミックスしたテナーは、聴きものです。
現代ジャズを追いかけている方、テナーファンは要チェックの一枚です。

Kenji Omae(ts)
George Colligan(p)
Mark Ferber(ds)
Matt Cohenry(b)

1 Time Management
2 Here For Now
3 Draft
4 Across the Pond
5 Lucid6 Kissena
7 Train Tracks

---------------------------終了


Location検索による

今日は、お隣の韓国のミュージシャン…
のコーナーで検索したのですが、なんか彼のプロフィールを見ていると
韓国人ではないようです??
名前は日本人??おおまえけんじ??




試聴をした感じですが、とってもおしゃれ!

ちょっと、JAZZのレビュー最近書きなれていないので
適当な語彙が出てこなくなりましたが…、伝統的且つ奔放なテナーのフレーズとダイナミクス…

主役のテナー以外の、bass,drum,keyもかなり気持ちのいい、いい仕事しておりますね。
123
















⇒エンタメブログ  iTunes Store(Japan)
↓このブログに一票恵んどく
ブログランキング・にほんブログ村へ



★この記事に関連した商品の紹介★















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 玄音的前衛GADGET [BMR Tabloid], All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。