ADMIN TITLE LIST


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 iTunes Store(Japan)
↓このブログに一票恵んどく
ブログランキング・にほんブログ村へ

 iPhoneのタッチパネル上に現れたホイールを回転操作することで「スクラッチ」(回転中のレコードを擦る操作)を再現。2台のiPhoneをミキサーに繋いで音源をミックス--。筑波大学発の学生ベンチャー企業であるニューフォレスターが,iPhoneで「DJプレイ」を実現するソフトウエア「IPJ」を開発した。

[IT pro 引用]

米国サンフランシスコで,米Appleが主催する開発者会議「WWDC」が開催されていた6月13日。WWDC会場の「Moscone Center」から徒歩5分ほどのPowell駅周辺で,音楽に合わせてダンスを踊る米国人と日本人のグループ




米国人のダンサー数人と,DJプレイを行う日本人2人によるコラボレーション。実はこれ,2台のiPhoneを使ってDJプレイを実現するソフト「IPJ」(http://www.ip-j.net/)を開発したニューフォレスターの創業者2人が「WWDCに入れなかった」ために,サンフランシスコの路上でIPJをデモした模様



IPJは,2台のiPhoneをミキサーに接続し,iPhoneに格納された音楽ファイルを切れ目無く即興で連続再生するための「DJソフトウエア」
IPJを使うDJは,片方のiPhoneで音楽を再生している間に,もう一方のiPhoneを操作して,次に再生する曲を準備する。次の曲の「再生開始場所」は,画面上に表示されるジョグ・ダイヤルを使って選択し「キュー(CUE)」として保存できる。キューを設定して,再生ボタンを押すと同時に,ミキサーの出力をもう一方のiPhoneに切り替えれば,再生する曲を切れ目無く変更できるという仕組み.
この際,つないだ曲同士のテンポ(ピッチ)が違ってはサマにならない。次にかける曲のテンポは,事前に前の曲のテンポと合わせておく必要がある。そこで IPJには,iPhoneのタッチスクリーンをDJが任意のリズムでタップすると,DJがタップしたテンポで曲が再生されるようになっている。非常に直感的な操作で,テンポをコントロールできる
テンポは,曲が始まった後でも自由に操作可能だ。また,タッチパネル上のジョグ・ダイヤルをキュキュっと擦ると,「スクラッチ」(レコードを擦って音を出すこと)ができる。
ph01sph02s



とても、ユニークなハードウェアですね。
機能的には3年ほど前のデジタルターンテーブル程度でしょう。
特に、目新しい機能は一切なくCDやPCなどでDJプレイできるものをiphoneに代替したといったもの。
デジタル系ミキサーを使用している人にとっては物足りない不便なものでしょう。
しかし、今後路上DJなどというニューストリートムーブメントが起こりうる可能性大!
ですので、今後これを購入を考えている人はおそらくすぐにでも最新のデジタルDJ技術がこれらiphone用ミキサーツールに導入され飛躍的に機能がアップデートされると思いますので、今は購入を我慢し現行の技術においついたものを購入することをお勧めします。

しかし、iphone売れているみたいですね~。発売日の日は環八通りが渋滞で困りましたね~(それのせいじゃないでしょうが…)
【参考】 iPhoneが携帯市場破綻?年120万台販売予測も

上記の記事はちょっと言い過ぎですかね…
そんないうほど流行らないと思うんですけどね~。すんごい欲しいですけど…  iTunes Store(Japan)
↓このブログに一票恵んどく
ブログランキング・にほんブログ村へ



★この記事に関連した商品の紹介★















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 玄音的前衛GADGET [BMR Tabloid], All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。